2016年03月08日

ジョウビタキ

今日もまた野鳥写真です。

今回の野鳥はジョウビタキ(尉鶲)
スズメぐらいの大きさで、オスは頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色。メスは体が灰色味のある茶色。翼に白斑があるのが特徴です。
日本では冬鳥で、積雪のない地方で越冬し、平地から低山の農耕地、住宅地、公園、河原などに生息し、ほとんど1羽で行動します。
名前のジョウは「尉」で銀髪のこと。ヒタキは「火焚(鶲)」で、火打石をたたく音に似た音を出すことからジョウビタキとなづけられたそうな。

オスとメスを別の場所で撮影出来たのでお届けします。

オスは早朝ウォーキング中の緑道公園で発見!
ジョウビタキ・オス1 ジョウビタキ・オス2

メスは小石川後楽園で発見。園内を歩いていたら私の左側で鳥の鳴き声がするなと思って見てみたら、ジョウビタキのメスだったんです。
しばらくちょこまか動きまわって、飛んでいってしまいました。
ジョウビタキ・メス1 ジョウビタキ・メス2

ジョウビタキも渡り鳥なので暖かくなってくるとお別れです。
3月中にまた出会えるでしょうか。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック