2016年02月29日

こもれびの福寿草・皇居東御苑

皇居東御苑で撮影したウメとメジロの次は、花でありながら小鳥がさえずっているような花・福寿草をお届けします。

福寿草の花は日光が当たると開き、日が陰ると閉じる特徴があります。
花は集熱装置として働いて、朝から夕方まで首をふって太陽を追いかけ熱を集めます。
そうすると花の中の温度が上がり、花に来た昆虫の体を温め活動を活発にさせるのだそうです。
でも、なかなか虫は飛んで来るものではありませんけどね。

皇居東御苑の富士見多聞の下にひっそりと咲く福寿草です。
この時期は周辺でカンザクラが咲き出すので、目立つ桜に人は集まり、ひっそりと咲く福寿草に集まる人は私のように毎年楽しみにしている人ぐらいです。
富士見多聞の方から漏れてくるこもれびを浴びる福寿草です。
木漏れ日を浴びるフクジュソウ

だいぶ葉も茂ってきてしまいましたが、まだまだ小鳥がさえずっているようです。
さえずる福寿草

漏れてくる光と福寿草です。
一気にどうぞ!
木漏れ日と福寿草1

木漏れ日と福寿草2

木漏れ日と福寿草3

木漏れ日と福寿草4

見頃は過ぎそうな福寿草。ぜひ見つけて見てください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック