2015年12月27日

絵本「十二支のはじまり」

今年最後の絵本・児童書(童話・児童小説)の紹介になります。
新年目前ということで今年もまた十二支のお話を紹介します。


「十二支のはじまり」
いもと ようこ 作・絵
金の星社

十二支は、ねずみ、うし、とら、うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししと12種類のの動物がきめられています。
どうしてこの12種類にきまったのか?
ねずみがはいっているのに、ねこははいっていないのは、なぜなのか?
そして、ねこがねずみをおっかけるのはなぜなのか?

十二支の話はいろいろな絵本が出ていますが、いもとようこさんが描いた一番新しい十二支の絵本です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック