2015年12月18日

千両・万両:皇居東御苑

紅葉・黄葉をお届けしていますが、新年の飾りとして用いられる、センリョウ・マンリョウをお届けします。
万両・千両・百両・十両・一両まであって、どの実も秋から冬に赤く熟し、どの赤い実も小粒です。実の特徴から名付けられたようです。
今回は皇居東御苑や目黒・自然教育園で撮影した万両・千両・をお届けします。
実は百両・十両もあるのですが、撮り忘れてしまいました(--;)

万両:ヤブコウジ科。センリョウより沢山実が付くことから、 マンリョウの名前が付いたと云われています。葉の下に実をつけます。
カーソルを乗せてご覧ください。
万両 マンリョウ

千両:センリョウ科。果実は球形で、赤く熟する。葉の上の方に実をつけます。
黄色い実の千両もあります。
センリョウ 千両

写真がありませんが、百両・十両・一両を紹介します。

百両:唐橘(からたちばな):ヤブコウジ科。葉っぱが細長くギザギザがなく、千両に比べ背が低く、実の数も少ない。

十両:薮柑子(やぶこうじ):ヤブコウジ科。百両より背が低く、葉っぱギザギザで実の数が少ない。

一両:蟻通(ありどおし):アカネ科。「千両、万両、有り通し(金は千両も万両も一年中ある)」と、正月の縁起物として生け花に使われる三つの植物の一つです。

お正月飾りとして飾ってみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック