2015年09月16日

雨後のキノコ・新宿御苑

長い雨が上がった後、気温が上がれば一斉に息を吹き返したかのように姿を現すのがキノコ。
新宿御苑ではあちこちにキノコが顔を出していました。

白いキノコが芝生の中でかくれんぼをしているかのようにそこここに身を潜めていました。
かくれんぼするキノコ

松葉の落ち葉が朽ちたところからニョキッと姿を現したキノコたちです。
キノコ1 キノコ2

硬い土の中からもニョキッと姿を現したキノコたちです。
土の中からきのこ1 土の中からきのこ2

いろいろな所にきのこニョキニョキ
あちこちにキノコ

キノコが姿を現すと、アリや虫などの格好の餌になるんです。
キノコにたかっている多数のダンゴムシを見つけました。ダンゴムシがきのこを食べるなんてはじめて知りました。
キノコにたかるダンゴムシ

きのこがあっという間に姿を現す様子をアリの目線から描いた宮沢賢治の童話「ありときのこ(元の題名は「朝に就いての童話的構図」)」があります。
是非一読ください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック