2015年09月09日

雨の間に巣立ったツマグロヒョウモン

3匹いたツマグロヒョウモンのサナギ。
そのうちの2匹は無事に浮かし、飛び立って行きました。
残る1匹。
一番長く観察を続けていた1匹。
この1匹が9/8の雨の降る中、ひっそりと飛び立って行きました。

9/8の7時頃から9時頃まで時折大雨がふる中をちょくちょく観察していたのですが、羽化しなかったので、さすがに雨が降って気温が低いとダメだろうと思っていました。
夕方、家に戻った時に台風が近いからカメラは家に入れるかどうしようか。とその前に写真を確認すると、なんと・・・
最後の写真に浮かしたツマグロヒョウモンの姿が写っていました。
帰った時には姿がなかったので最後の1匹が飛び立ってしまったんです。
ツマグロヒョウモン

この日の朝から振り返ります。
9時前まで羽化する様子がなかったのでこの日はないなと諦め、カメラのバッテリーもなくなりかけていたので、30分おきの撮影の設定を1時間おきに設定したつもりだったのですが、なぜか6時間おきの設定になり、しかも時間も微妙に狂っていて、9時と15時の少し前の撮影になっていて、でも、これが失敗というか幸いというか・・・
おまけにカメラを再設定しようとするとバッテリー切れに・・・
しかも画角がずれていてズームしていなかったのも幸いというか・・・
と、こういう偶然というか失敗というかが続いた中、最後の15時前の写真に殻から羽化したツマグロヒョウモンの姿が写っていました。
ということは、意外と遅い時間に羽化したということですよね。
飛び立つ前の姿だけでも撮影出来たのは幸い。

発見した3匹のサナギは無事に飛び立ってくれました。
8月の終わりから約10日間にわたって楽しんだツマグロヒョウモンの観察はひとまず終了。
スミレにいる幼虫がサナギになった姿を見つけられればもう一度羽化の観察ができるのですが。

ナミアゲハやキアゲハの観察用に作成したゲージにはどちらの姿もない状態でこちらは期待はずれに終わりそう。これから涼しくなってくるので観察する機会があるかは微妙な情勢。
はたして観察はできるでしょうか。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック