2015年08月30日

絵本「チョウのはなし―かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち」

ツマグロヒョウモンというチョウが我家の庭で幼虫から蛹へと成長しました。
サナギから蝶になるまで1週間ぐらい。
無事に羽化できるか楽しみです。
そこで今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、チョウを知るための素敵な絵本を紹介します。


「チョウのはなし―かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち」
ダイアナ・アストン 作
シルビア・ロング 絵
千葉 茂樹 訳
ほるぷ出版

世界にチョウはどれくらいの種類がいると思いますか?
世界におよそ2万種いるといわれています。
2万種もいれば外見も生態もさまざま。

虫が苦手なお母さんにはチョウの絵本も苦手かもしれませんね。
でもこの絵本は・・・
葉っぱの裏に産みつけられた卵。雨や敵の目から身を守り、はらぺこの幼虫が孵化(ふか)して姿を現すチョウを「がまんづよい」。
何度も脱皮しながら大きくなり、やがてサナギから成虫と全く違う姿に変わっていく様子をチョウが「へんしんする」。
花から花へと飛び回り、花粉を運んで植物の受粉を助けていくチョウって、「やくにたつ」。
擬人化したことばたちが昆虫と人という本来の境界線を取り払ってくれて、私たちをチョウの世界に引き込んでくれますし、この本を開いた瞬間「きれい!」と思えるイラストが並んでいます。
虫眼鏡で拡大したチョウの羽根のうろこ・鱗粉(りんぷん)。
それも全てイラストなんですよ。
チョウのいろいろなことがわかる素敵な絵本です!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック