2015年08月28日

ツマグロヒョウモンの幼虫が!

今日は浜離宮恩賜庭園のキバナコスモスの続きをお届けする予定でしたが、急遽変更!

17日の朝、玄関前花壇のスミレの葉がずいぶん食べられてるなぁと思い、スミレの周りを見てみると、バッタのものではないちょっと大きめの緑色の糞が落ちていました。
たくさんの緑の糞

これは間違いなくあいつがいる!
あいつというのはスミレを食草とする「ツマグロヒョウモンの幼虫」
よく探してみると、いましたいました、スミレの葉をもぐもぐ食べている幼虫が!
結構大きいので、蛹になるのも近いのかもしれないと思っていました。
ツマグロヒョウモンの幼虫

28日の朝、昨日の幼虫はどうしたかなと、食べていた付近を探してもなかなか見当たらず。どこかに行っちゃったかなぁと諦めかけたその時、スミレの奥の吉祥草の葉にぶら下がっている幼虫を発見!
これってもしかして蛹になる前の姿じゃないの!
サナギの前の幼虫

調べてみたら、ツマグロヒョウモンは足場を作り逆さまにぶら下がった状態から最後の脱皮をして蛹になり、羽化するとあったので、まさに蛹になる直前の姿でした。
逆さにぶら下がってからだいたい半日ぐらいで最後の脱皮をして蛹になるようなのですが、この記事を書く前に見てきましたが、小雨降る中で少し気温が低いせいかまだ脱皮をしていませんでした。
明日の朝には蛹になっているのかもしれません。
一応、カメラをセッティングして、5分おきに撮影しているので、運が良ければ脱皮をするところが写っているかもしれません。
明日の朝が楽しみです!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック