2015年08月02日

絵本「せんそうしない」

8月になりましたね。
毎年8月になると、何かしら太平洋戦争についてテレビなどで特集され、追悼の雰囲気がありますが、今年は国として雰囲気が違いますね。
国会で審議中の安全保障法案について「戦争に行くのは自分たちではなく子供だ」と述べ、戦争に行かない人々が議論すべきことは「戦争を起こさないようにするにはどうすればいいか」だと訴えたていましたが、まさにその通り。
その戦争をすることについて、詩人の谷川俊太郎さんが別の視点から実にうまく表現されていました。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、谷川俊太郎さんの絵本をお届けします。


谷川 俊太郎 文
江頭 路子 絵
講談社

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない
くじらと くじらは せんそうしない
すずめと かもめは せんそうしない
すみれと ひまわり せんそうしない
まつのき かしのき せんそうしない
・・・
せんそうをするのは にんげんのおとなだけ

非常にシンプルな文だけど
伝えなければならないことは非常にシンプルだと気付かせてくれます。
大人であろうと子供であろうと関係なし。
いま、立ち止まって、じっくりと読み
一つひとつの言葉の重みを感じ取り
ほんとうに大事にしなければならないのはなにか
それは戦争をしないと守れないものなのか
じっくりと考えてもらいたいと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック