2015年07月05日

絵本「ぜんぶわかる、あさがお」

7月に入ると、咲くのが楽しみなのがアサガオ。
みなさんも一度は育てたことがあるのではありませんか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、その朝顔にスポットを当ててみました!


「ぜんぶわかる、あさがお」
渡邉 弘晴 作
仁田坂 英二 監修
ポプラ社

だれでも一度は育ててことがあるアサガオ。
アサガオは世界中にありますが、日本のアサガオほど変化しているものはありません。
この本では、アサガオの成長を美しい写真で追い、花が開く様子や自家受粉する様子なども紹介します。
また、アサガオが日本にやってきたときはどのような姿をしていたのか、それからどのように変化していったのかを紹介しながら、大輪アサガオ、変化アサガオなど、アサガオとは思えない変わりものもいっぱい!
いろいろな朝顔を江戸時代の文化とともに紹介します。
大人もしらないアサガオのひみつがわかる、必見の1冊です。
夏休みの宿題の前に朝顔の知識をみにつけておきましょう!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック