2015年06月11日

洋館と薔薇・ライトアップ

5/23に旧古河庭園で撮影した薔薇の写真の2回目です。
今回はライトアップされた薔薇と洋館です。

ライトアップされたユキサンという名のバラと洋館
洋館の中からモデルが登場してきたかのよう
ユキサンという名のバラと洋館

ユキサン(Youki San)
1965年 フランス、メイアン作出
別名をマダム・ネージュ Madame Neige
パリ在住の日本人モデルの名前といわれていますが、どうやらエコール・ド・パリの人気画家 藤田嗣治(ふじたつぐはる 1886-1968) と、後に詩人ロベール・デスノスと結婚したフランス人女性で、ユキ・デスノス=フジタ (Youki Desnos-Foujita。本名はリュシー・バドゥ (Lucie Badoud)のことのようです。
ユキ(Youki)は藤田がつけた日本語のあだ名だが、彼は「バラ色の雪」の意味と説明していたらしい。

ライトアップされた初恋という名のバラと洋館です。
夜になっても深窓の令嬢が姿を見せてくれるのを待ってる?
ライトアップされたはつこいという名の薔薇と洋館

ライトアップされたアロマテラピーという名のバラと洋館
甘い香りで包んでみんなを癒してくれているかのよう。
ライトアップされたアロマテラピーという名の薔薇と洋館

アロマテラピー(Aromatherapy)
2006年 アメリカ J&P作出
フルーティな強い香りを放つバラ。
J&P社が過去20年に作出したハイブリッドティーの品種の中で、最高の香りを持つバラとなっています。
香りからアロマテラピーと名付けられるのも当然です。

注)旧古河庭園のライトアップはすでに終了しています。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧古河庭園 バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック