2015年05月26日

ホオノキ

今回は新宿御苑からおなじみのホオノキのお花見写真をお届けします。
昨年は骨折したてで見に行くことが出来なかったんですよね。

もう何度もお届けしているので、ホオノキには「雌性先熟性があって、開花後は雌性、翌日に雄性、さらに翌日には生殖機能を失う」性質があると言うのはご存知かもしれません。
詳しくは以前の記事「ホオノキ(朴の木)」をご覧ください。

今回は簡単に写真をお見せします。

雌花期のホオノキです。
まだ咲き始めたばかりで開き具合が小さいですよね。
雌花期のホオノキ

花が大きく開いて、雌しべは閉じ、雄しべが開いている雄花期も終わりかけのホオノキです。
雄花期のホオノキ

雄しべも散って、花として終わりかけのホオノキです。
終わりかけのホオノキ

花が終わって、実がなっているホオノキです。
この実はポロッと落ちやすいので強い風が吹くと足元に転がっていることが多いんですよね。
ホオノキの実

ホオノキは受粉確率を上げるために、少しずつ時期をずらしてたくさんの花を咲かせるんですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | .新宿御苑 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
引っ越してきたこの地では、幹線道路の中央分離帯に朴木が植わっています。
そろそろ花が開き始めていますが、こんな所で咲くのは気の毒です。
でも、きれい!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2015年05月27日 10:32
森のどんぐり屋さん

中央分離帯にホオノキですか!
大きくなるし、葉も大きいから、けっこう枝がきられるのでしょう。かわいそうなところに植えられてますね。
Posted by ブドリ at 2015年05月28日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック