2015年04月15日

徳川将軍家墓所と東京タワー

前回お伝えしたとおり、今回は増上寺にある徳川将軍家墓所内から東京タワーとお花見の様子をお届けします。

墓所内には二代・秀忠公、六代・家宣公、七代・家継公、九代・家重公、十二代家慶公の宝塔と静寛院和宮様の宝塔、将軍生母側室の合祀塔の8つの宝塔が安置されています。
墓所内の周囲に安置された宝塔をパノラマで撮影しました。通路脇は石灯籠でその奥に祀られています。
クリックしてご覧ください。
徳川将軍家宝塔とサクラと東京タワー
徳川将軍家宝塔とサクラと東京タワー posted by (C)ブドリ

皇女和宮様の宝塔脇から眺めた桜と東京タワーです。
他の宝塔よりも東京タワーが一番見やすい場所なんですよ。
皇女和宮様の宝塔と東京タワー

六代家宣公宝塔と東京タワーです。
六代家宣公宝塔と東京タワー

久しぶりにPENTAX Qのフィッシュアイレンズを使って見ました。
入ってすぐにある墓所の案内板の左側からと右側から撮影してみました。
Fisheyeで墓所と東京タワー1

Fisheyeで東京タワー2

増上寺では、4/2宝物展示室がオープンしました。
ここの中心となるのが英国ロイヤルコレクション所蔵の二代秀忠公「台徳院殿霊廟模型」です。
この模型は、台徳院殿霊廟の主要部分が、10分の1のスケールで製作されたものです。
1910年(明治43年)ロンドンで開催された日英博覧会に東京市の展示物として出品。博覧会終了後に英国王室へ贈呈され、ロイヤルコレクションの一つとなり、現在まで英国にて大切に保管されてきたのです。
当時の姿を偲ぶことが出来る貴重な展示です。
週末に、霊廟と展示室をご覧になってはいかがですか?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック