2015年04月14日

東京タワーとお花見・増上寺

日・月と、絵本の紹介・ガーデニング記録と続いて、間が空きましたが、増上寺での東京タワーとお花見写真を再びお届けします。

増上寺大殿の右隣にある安国殿前の坂道の下から桜並木越しに見上げ、次に桜の中から見上げ、さらに安国殿の前から見上げた東京タワーとお花見写真をカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


お次は、大殿の裏手から墓地の周りの桜の中にそびえる東京タワーです。
サクラと東京タワー

大殿の左奥にある圓光大師堂の門と東京タワーと桜です。
圓光大師とは法然上人の諡号(しごう:主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のこと)です。
円光大師堂と東京タワーと桜

そして、大殿の右奥にある徳川将軍家墓所前の鋳抜門と東京タワーと桜です。
この鋳抜門は六代将軍徳川家宣公宝塔前の中門だったものです。
徳川霊廟は現在のプリンスホテルなどがある場など南北に分かれていましたが、戦災で消失して荒廃したままにされていたところ、昭和33年から学術調査が行われた後、現在の地にまとめられて改葬されました。
戦災で消失する前の豪奢な霊廟を見てみたかったですね。
徳川霊廟前から東京タワーと桜

今回はここまで。

以前は、潅仏会(花まつり)の頃しか公開されていなかったのですが、最近は土日祝祭日も公開されるようになり、入場料を納めると徳川将軍家旧御霊屋絵葉書が記念にいただけます。

次回は土日祝祭日に公開されている徳川将軍家墓所から東京タワーとお花見をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック