2015年03月22日

絵本「はるって、どんなもの?」

ソメイヨシノの便りが聞こえ始めましたね。
冬から春へ完全に移ろうとしています。
そこで、今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、春を感じる絵本を紹介します。


「はるって、どんなもの?」
あさの ますみ 作
荒井 良二 絵
小学館

パッパ、ピピ、ブー、ペーペー、ボッボは、エリちゃんの毛糸のカーディガンに仲良く並んで付いているボタンの兄弟です。
五人は冬中、エリちゃんを寒さから守っているのです。
ある日のこと、エリちゃんが「春はもうすぐ」と言っているのを聞いた五人は考えます。
「春ってどんなものかな?」
暖かくなるとタンスにしまわれるカーディガンについている五人は、春を知りません。
そこで、5人はお母さんやお父さんが話していることから春について語ります。

「カーディガンみたいなもの」「ホットケーキみたいなもの」「春にはあしがある」などなど。
そんなある日、お母さんが入院してしばらく入院することに。
やっとお母さんが帰ってくると・・・
さて、はるって、どんなもの?だったのでしょうか”

春の日差しのようにほわ〜っと暖かくなる絵本です。
春休みにお子さんとのんびり読んでみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック