2015年03月07日

摘み取られたフキノトウ

ニョキニョキと春の息吹も顔を出し始めたようですが、まだ2/21に皇居東御苑で撮影した写真をお届けします。

春の息吹といえば、フキノトウもその一つ。
春の味覚としても味わえますね。
そのフキノトウが、フキの蕾へと成長していました。
フキの蕾

このように成長している傍らに、あららと思う光景が。
次の写真を見てください。
摘み取られた跡 摘み取られた跡2

摘み取られた跡です。
フキノトウを見て摘み取るのは、おそらくは年配の方でしょう。
写真を撮ってる横で話しているのを聞くと、「食べたら美味しいわよね」とかいう人が多いんですよ。
今回は食べごろを過ぎていたので見かけませんでしたが、以前、実際に摘みとっている人を見て注意したこともあるのですが、全く悪びれもしません。
ほぼ、献金問題で渦中の○○大臣などと同じ年頃ですから、さもありなん。
政治家の開き直りと同じことなんでしょう。
戦後生まれの年金受給者の精神構造は自分さえ良ければそれでいいってことになってるんです。
年金問題一つとっても、自分たちの年金を減らされるのは嫌だけど、将来については無責任なことばかり言ってる。
そんな考えで子供を育て、その子供がまた子供を育てているのですから、どんどん自分勝手になって当然。
日本人の精神構造がそうなってしまってるってことなんですよ。
今の若い人はではなく、今の年寄がそうさせたんだってことに気づいてない。
嘆かわしい話です。
と、フキノトウを見ただけでここまで想像をふくらませて嘆いているんです。

嘆いただけでは面白く無いので、気分を変えて、日差しを浴びてのびのびとしているフキノトウをお届けします。
日差しを浴びるフキノトウ.JPG

日差しを浴びるフキノトウ2

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 心無い人がいるのですね。残念です。
 日差しを浴びるフキノトウ、特に上のが素敵ですね〜。一眼レフでないとこういういい写真は撮れませんね。白く丸い光がいいなぁ。フキノトウの喜びが感じられますね。
Posted by felizmundo at 2015年03月08日 09:56
felizmundoさん

採ったところで、枯れてしまうわけではないので大したことではないのですが、採ってはいけないところで平気で採るといいいいうのはちょっとですよね。

光ってあたたかいですよね。
フキノトウも喜んでいましたし、撮ってる私も喜ばせてもらいました。
Posted by ブドリ at 2015年03月08日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック