2015年02月26日

自然教育園で出会ったなかなか出会わぬ野鳥たち

前回に続いて、目黒にある自然教育園で撮影した野鳥写真をお届けします。
今回は遠くにみつけた、珍しくないと言われてるけどなかなか出会わない野鳥をお届けします。

まずはこちら。
さて、この写真の真ん中に一羽の野鳥が写っています。さてなんという鳥でしょうか?
と言っても、この写真からではわかりませんよね。
真中付近をトリミングしてみたものがカーソルを乗せると見られます。
その写真で分かりますか?


大きさはスズメぐらいで、翼と尾に黄色の斑があるから、もしかしてカワラヒワ?
いるとは聞いていたけどまた見たことがないから確信が持てないけど、顔のほうが見えればわかるのにと、狙い続けました。
もちろん、どこかに飛んで行かないでーと祈りながらですよ。
すると、ちょこちょこと移動しながらも時々こちらをむいてくれるのがファインダー越しにわかったので、とにかく撮影しました。
元の写真では上の写真のようで全くわからないので鳥の部分だけトリミングして、インターネットで調べてみると、大きさ・体の色・くちばしの感じなど、カワラヒワの特徴にそっくり!ということでカワラヒワと断定。
カワラヒワ:スズメ目アトリ科
体長は約 14cm 、翼開長約24cmでスズメと同大だがやや小さい。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である。
低山から低地にかけての森林に広く生息する。近年は、都市部の市街地の公園や川原などでも観察される。
カワラヒワ

そしてお次はこちら。
サギを撮影した水生植物園の一角に、これまたスズメ大の鳥がちょこちょことしているのを発見。
これは見たことがあるのですぐにアオジと分かりました。
枯れ草の上にいるのでどこにいるかわからないでしょうが、真ん中にいますよ。
こちらもトリミングしたのでカーソルを乗せてご覧ください。


アオジ:スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。胸から腹が黄色にまだら模様。本州には留鳥として1年中見られる。
アオジもこちらをむいてくれたところをナイスショット!
アオジ

今回の最後は、皇居東御苑でも出会ったシメです。
園路を歩いていたら、視界に飛び込んできて、枝に止まった鳥がいたのでなんだろうと確かめたらシメでした。
皇居東御苑では後ろ姿だったのですが、今回は正面から写せました。今度のほうがシメシメです。
トリミングした写真をカーソルを乗せてご覧ください。


目黒というところにあるのに自然にあふれた自然教育園は野鳥の宝庫。
こういう学術的にも自然環境的にも大切なところの半径1km以内は高層ビルの建設や開発を認めないとか考えて欲しいですね。
自然は一度破壊してしまったら同じものは再生されませんからね。
北陸新幹線の敦賀延伸で破壊されようとしている中池見湿地もおなじ。
リニア新幹線のルート上も貴重な自然を壊していきそうですし、ちょっと考えてほしいものですね。

次回は、自然教育園で出会った野鳥シリーズの最終回、瑠璃色の宝石をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック