2015年02月05日

福寿草・新宿御苑

久しぶりに野鳥写真を離れ、我が家のガーデニング記録以外の花の写真をお届けします。
今年の冬は冬から早春にかけて咲く花の進み具合が順調に進んでいますね。
ロウバイが咲き、早咲きの梅が咲き進んでいますね。
そして、スプリングエフェメラル (Spring ephemeral=「早春の瞬き」「春先のはかない命」「春の妖精」など)と呼ばれる花の一つの福寿草も順調に咲いています。

今回は1/31(土)に新宿御苑で撮影した福寿草をお届けします。

1/30の午前中に雪が降り、うっすらと積もったのはご記憶のこと。
我が家の付近では1/31には全く雪がなかったので新宿御苑にももうないだろうなと思ったら、意外と日陰には残っていたんです。
日本庭園の福寿草を見に行くと、咲いた福寿草のすぐ横になんとも控えめに雪が残っていたんですよ。
右から、そして左から撮影してみました。
フクジュソウと雪 フクジュソウと雪2

福寿草の花は日光が当たると開き、日が陰ると閉じる特徴があります。
花は集熱装置として働いて、朝から夕方まで首をふって太陽を追いかけ熱を集めます。そうすると花の中の温度が上がり、花に来た昆虫の体を温め活動を活発にさせるのだそうです。
でも、この時期に飛んでくる虫はそう多くないと思うんですよね。
並んだフクジュソウ

そしてイギリス庭園のスイセンの傍に咲くフクジュソウです。
ここは植え込みに囲まれ、さらに周りにスイセンが咲いているのでちょっと遠目です。
黄色い花が全てフクジュソウです。
イギリス庭園のフクジュソウ

どこがスイセン?なんて声が聞こえてきますね。
ほら、白いペーパーホワイトという早咲きのスイセンと福寿草です。
スイセンと福寿草

のんびりしてると早春の花を見逃しちゃいそうです。
みなさんも、周りを見渡して春の足音を見つけて見てください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック