2015年01月28日

カラスは牡丹よりも・・・

また上野東照宮ぼたん苑の写真に戻ります。
戻りますが、今回は花の写真ではなく野鳥写真、しかもカラスの写真です。

カラスは何を見る牡丹の上の柵に止まっているカラス。
五重塔を見るでもなく、寒牡丹を見るでもなく、何を見ているのでしょうか。


その答えは・・・
雪囲いの藁の中に潜んでいる虫を探して食べているみたいです。
虫を探すカラス1 虫を探すカラス2


カラスに向かってキラっとさせると、危険を感じて襲ってくることもあるので遠目から撮るのが安全なのですが、この日は2,3メートルの距離なのでヒヤヒヤしながら撮影していたのですが、時々カラスがこっちを向くのでドキッとします。
こっちを向いたカラス

そして、藁囲いから藁囲いを移動してつつきまわるカラスを追いかけていたら、こっちに向かって飛んできた!
でも、安心してください。私の右手から2mぐらい離れたところを飛んでいきました。
ドキッとするカラス 飛んでくるカラス

カラスはカメラを向けるとサッと避けることが多いのですが、食べ物に夢中だったのか近くで撮影することが出来ました。
でも、上で書きましたが、カラスを撮影する時は距離をとって、レンズに光があたってキラキラとさせないようにして撮ってください。
さらに、カラスが子育てをする4月から6月ぐらいまでは子供を守るために向かってくるので刺激しないように注意して撮影してください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック