2015年01月21日

コゲラ・モズ

1週間も間が開いてしまいましたが、皇居東御苑で撮影した野鳥写真をお届けします。

前回の「シメ、発見でしめしめ」のあと、さらに鳥の鳴き声に耳を傾けながら探し歩きました。
そして、「ギー」という聞き慣れた鳴き声が聞こえたので、鳴き声が移動する方向を追いかけると、松の木の枝に止まっていました。
「ギー」という鳴き声のコゲラです。
コゲラはスズメぐらいの大きさで、日本で一番小さなキツツキです。
背はこげ茶色に白い点模様(白点が続いて線に見えることも多い)がたくさんあります。
木を突いて、巣食う虫を捕らえているところでした。
カーソルを乗せてご覧ください。


タップリとこのコゲラを見物した後、雑木林の中ならメジロやシジュウカラ、その他の鳥もいるだろうと向かうと、茂みの中に何やらもずもずした鳥が一羽いました。
スズメに似てるけど、スズメじゃないから撮っておかなくちゃとカメラで狙って「もずもず〜、君は誰ですか〜」と一枚二枚。
モズ

するとこの鳥が、「モズですよ〜」と言ったか言わないかわかりませんが、私の気配を感じ取ったのか、パッと飛び去ってしまいました。
おそらくモズだと思います。
飛び去るモズ

モズが飛び去ると、再びコゲラの鳴き声が聞こえてきたのであたりを探すと、高い所にいました。
一生懸命に枝を突いて虫を探しているようでした。
カーソルを乗せてご覧ください。


この後も野鳥を探したのですが、撮影した鳥はまた次回。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 コゲラですか〜。都心にこんな鳥までいるのですね。凄い!黒白もようがモダンですねぇ。
  前に近所の野鳥を見る会に参加した時、コツコツという音だけ聞きました。今週の日曜にまたその野鳥を見る会に参加するので、今年こそ!

  ところで、孫の家に行ったら谷川俊太郎が訳した「まるまるまるのほん」というのを孫がうれしそうに読んでくれました。まるだけの絵でこんなに気持ちが踊ってたのしくなって、一緒に遊べるんですね〜。揺するのが楽しかった!
Posted by felizmundo at 2015年01月24日 00:41
felizmundoさん

コゲラは都内でもたくましく生きていますよ。
近所の林試の森でもちょくちょく見かけますしね。
野鳥を見る会で見つけられるといいですね。

この絵本、知ってます。
発想が豊かですよね。
これぐらいの発想で写真が撮れたらどうなるでしょうね(^^)
Posted by ブドリ at 2015年01月24日 23:50
  観察会では、「アッ、今ウグイスが地鳴きしてそこを通って、影に入りましたね」「???」
 「オッ、今何かが横切ったのが見えました〜!」「今のはアカゲラのようでしたヨ」と言った具合に、いることが分かっても結局写真に撮ったり、双眼鏡で確認ができないものが大半でした。

 ただ、アオサギや大サギなどの大きな鳥達は悠然としていて、ほとんど場所も姿勢も変えずに、ゆっくりと私たちに付き合ってくれました。 
Posted by felizmundo at 2015年01月28日 19:58
felizmundoさん

小さな鳥は動きが素早いのでなかなか写真には撮れませんよね。
観察会で人が多いとなおさら近寄る気配を察して逃げちゃいますからね。
でも、いろいろな鳥がいるということを知ることができれば、自分でも探そうという気になるので勉強になると思います。
次は自力で探してみてください。
Posted by ブドリ at 2015年01月28日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック