2015年01月19日

シモバシラの氷柱・自然教育園

昨日の絵本・児童書(童話・児童小説)で「しもばしら」を紹介しました。
今回は絵本のしもばしらとは違うシモバシラをお届けします。
このブログでも何度も紹介しているのでご記憶の方もいらっしゃると思いますが、シモバシラという植物の枯れた茎の根元付近に出来る氷柱です。
このシモバシラの氷柱は「気温が氷点下、雨や雪が降っていない、土に適度に湿り気がある、風が弱い」などの条件が合う朝に見られます。

1/18の朝、気温が0度、快晴、数日前に雨が降った、風がない、と主な条件に当てはまり、しかも早朝ウォーキングもしたので、これは見に行けると、朝一番で目黒の自然教育園に向かい、開園の9時から見学してきました。

自然教育園で見られるのは入ってすぐのところの路傍植物園と、武蔵野植物園の2箇所。
入園してすぐ、路傍植物園のシモバシラを見るとそこそこの大きさの氷柱が見られました。
路傍植物園のシモバシラ 路傍植物園のシモバシラ2

数枚撮影してから、例年だとここよりも大きい氷柱が見られる武蔵野植物園に向かいました。
ところが、あっれー?こっちのほうが小さいじゃん!
ここのシモバシラには12月から氷柱が見られたそうで、茎が割れ進んだのも影響してか大きく育たなくなったようでしたが、小さくても見られたのは幸運でした。
四方八方に広がる繊細で絶妙なデザイン。これが自然の芸術です。
シモバシラの氷柱1

日が当たるとその繊細さがはっきりと見え、より自然の芸術の素晴らしさが味わえます。
でも、日が当たるとどんどん溶けてくるので時間との勝負でもあるんです。ヒヤヒヤものですよ。
シモバシラの氷柱2

自然教育園で撮影した後、皇居東御苑のシモバシラの氷柱の撮影に出かけました。
その様子はまた次回。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック