2015年01月18日

絵本「しもばしら」

冬まっただ中。
これまでのところ寒いのではあるものの、今ひとつぴりっとしない寒さが続く東京。
というのも、それほどシモバシラが目立たないし、氷もはらない。
これを考えるとやはり暖冬?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、ザクザクと踏みしめたくなるシモバシラのお話です。


「しもばしら」
伊知地 英信 文
細島 雅代 写真
岩崎書店

しもばしらってなんだろう?
この本はそんな疑問に答えてくれる絵本です。
踏むとザクザクと音がして楽しいシモバシラ。
しもばしらの出来方や、どんなこところにできやすいか、同じしもばしらはないことなど身近なものについてたくさんのことを知ることが出来ます。
しかも、すべて写真なので自然の美しさも垣間見ることが出来ます。
最後には、シモバシラをつくる実験も掲載されているので、みんなで試してみるといいかもしれません。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック