2014年12月28日

絵本「十二支のことわざえほん」

クリスマスも過ぎ、あっという間に年の瀬、もういくつ寝るとお正月ですよ。
というわけで今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、お正月にちなんだ絵本を紹介します。


「十二支のことわざえほん」
高畠 純 作・絵
教育画劇

ね・うし・とら・う・たつ・み・・・と子供の頃はよく唱えていたものですよね。
この絵本は「窮鼠、猫を噛む」「馬の耳に念仏」「猿も木から落ちる」「猪突猛進」など、十二支の動物たちが登場することわざを紹介しています。
お父さんお母さんには耳にしたことわざばかりですが、その意味が、曖昧だったり、よくわかっていなかったりするところを改めて確認することができますし、お子さんには親しみやすい絵と一緒に楽しめる絵本です。
お正月にかるたあそびのつもりで一緒に楽しんでください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック