2014年12月09日

秋季皇居乾通り一般公開 その2

秋季皇居乾通り一般公開の2回めです。

前回は坂下門を入るところまででした。
今回は坂下門を入ったところからお届けします。

坂下門をくぐるとすぐ左手には宮殿があり、北車寄せと松の塔(まつのとう)が見えます。
宮殿北車寄は,国内の賓客が宮殿に参入される際の玄関です。
松の塔は,宮殿造営に際して国民からの寄付金で造られた照明灯です。若松の葉をかたどり,吉祥としての松の強い生命力が表現されています。(宮内庁HPより)


宮内庁庁舎宮殿前を過ぎると宮内庁庁舎があります。
1935年(昭和10年)に建てられた建物で、 庁舎3階は1952年(昭和27年)に改装され、 1968年(昭和43年)年の新宮殿落成までの間、仮宮殿として使用されていました。


モミジと富士見櫓宮内庁前の濠から見える富士見櫓とモミジです。
富士見櫓は現存する唯一の三重櫓です。
皇居の外からは樹木の影になりなかなか見難く、東御苑内からは柵越しに見られますが、宮内庁側から見た方がきれいです。


宮内庁周辺は広場が広くなっているので、中にはいった人は少しバラけるのですが、この先の乾通りは狭くなっていてご覧のとおりの人の波。
左右に色づいたトウカエデやモミジがあるのですが、人をかき分けていくのはなかなか大変でした。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


まっすぐ進むと左手に「局門(つぼねもん)」があります。
大奥の奥女中が出入りした門だったことから局門?
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


今回はここまで。
次回も乾通りからお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック