2014年11月30日

絵本「トラネコとクロネコ」

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月イチ企画の宮西達也の絵本を紹介します。


「トラネコとクロネコ」
宮西 達也 作・絵
鈴木出版

人気絵本「にゃーご」「ちゅーちゅー」に続く第3弾!
今回は友だちがテーマのお話です。
野原に落ちていた桃を見つけて、とりあいをはじめたトラネコのたまと、クロネコのブルース。
「おれさまのヒゲ、ピーンとながくてかっこいい」
「しっぽがながーくてステキだろ」
など、自慢しあいっこがはじまります。
でも、ねこのくせにねずみがこわいだろ」とか
「さかながきらいだよね」
「たかいところがきらいで きのぼりがにがて」
とか、たまとブルースはお互いに苦手なことを責めあいました。
かけっこで勝負をしようと走り始めたのですが・・・。
さて、たまとブルースの勝負はどうなったでしょう?
そして取り合っていた桃は?
勝負の決着だけで終わらないのが、みやにしワールド。
だれでも一度は「おれはこんなことができるんだぞー! こんなにすごいんだぞー!」って言い合ったことがありませんか?
でも、最後はほろっとくる内容になっていて、友だちってこういうものだろうなと思わせてくれます。
宮西達也ワールドは、どれをとっても安心しておすすめ出来る絵本です。
クリスマスプレゼントにもいいかもしれません!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック