2014年11月11日

一の酉・目黒大鳥神社

いよいよ江戸に冬の訪れを告げる風物詩「酉の市」がやって来ました。
11月の酉の日に東京では酉の市が催されます。
東京では鷲神社・大鳥神社(どちらも、おおとりじんじゃ)を中心として日本武尊(やまとたけるのみこと)を祭神とする神社で酉の市が行われています。
鷲神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなんで、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになったとされています。
暦の巡り順によって最初の酉の日が11月6日までに来れば酉の市が3回、7日以降になれば2回となります。
それで最初にめぐってくる酉の市を「一の酉」とか「初酉」と言い、2回目を「二の酉」、3回目を「三の酉」と呼びます。
今年は11/10(月)が一の酉なので、11/22(土)が二の酉になります。

一の酉はいつものとおり、家から一番近い目黒の大鳥神社に行ってきました。
大鳥神社

屋台のおかめの熊手と本殿です。
熊手と本殿

広くない境内にところ狭しと軒を連ねる熊手売の屋台です。
熊手売の屋台

熊手売といえば手締。一本締めや三本締めの威勢のいい声が飛び交っていました。
よ〜お!シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャンシャン
カーソルを乗せてクリックしてご覧ください。


もう一つ、カーソルを乗せてクリックしてご覧ください。


並んでいる熊手の一部です。
熊手1

熊手2 熊手3


私が買ったのは大鳥神社の熊手お守りです。
写真は、あ、なかったですね。ごめんなさい!

さて、二の酉は何処へ!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック