2014年10月26日

絵本「かぶと四十郎 お昼の決闘の巻」宮西達也

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月イチ企画の宮西達也の絵本を紹介します。
次から次へと新しい絵本が登場する宮西達也さんですが、今回紹介するのはちょっと前の絵本です。


「かぶと四十郎 お昼の決闘の巻」
宮西 達也 作・絵
教育画劇

カブトムシ侍の冒険絵本第4弾
今回は、くぬぎむらでカミキリムシのチョッキン一家が大暴れ!
かぶと四十郎はいかに!

くぬぎむらでかぶと四十郎はコガネムシからチョッキンいっかから守ってくれるようにと頼まれました。
次の日のひる、チョッキンいっかがやってきました。
かぶと四十郎は目にも止まらぬかたなさばきでこぶんたちをやっつけます。
カミゾウおやぶんは、四十郎にとびかかり、おなかにかみつきました。
四十郎は ひっさつおならプーでやっつけました。
降参したカミゾウおやぶんの話をきくと・・・
実はカミゾウ親分にもつらい過去が。
そのカミゾウ親分、川に流されたコガネムシの子供を四十郎と一緒に助けます。
でも、子供は助かったのですが、四十郎は・・・

こわい顔の、カミゾウ親分は、本当に悪い人なのか?
いい人、悪い人ってわけることができるのだろうか。
人は見かけで判断してはいけない。
宮西達也ワールドを楽しみながらいろいろと考えさせてくれる絵本ですよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック