2014年10月14日

カラス対コサギ

台風一過の今日、お昼すぎに時間があったので多摩川浅間神社に寄って、骨折が癒えたお礼をしてきました。
そして、多摩川を臨む展望デッキから眺めると、近くの電柱の上で、バトルが勃発していました。
それは・・・

止まっているコサギの近くにカラスが寄ってきて、威嚇しているんです。
「よう!コサギよう!白黒つけようじゃねか」とは言ってないでしょうけどね。
コサギを威嚇するカラス

少しずつ近くに寄って、さらに威嚇。
さらに威嚇するカラス

後ろに回って、今度は鳴いて威嚇していました。
鳴いて威嚇するカラス

そして、飛び上がって威嚇をしていました。この一連の流れを数回した後、コサギは飛び去って行きました。
飛んで威嚇するカラス

都会の片隅で撮影したこんな野鳥写真はいかがでしたか?
個人的には何の恨みもないコサギを威嚇するカラス。威嚇してもどかなければ攻撃したのでしょうかね。
こういうのを見ていると、宮沢賢治の童話「烏の北斗七星」を思い出します。

「あゝ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいゝやうにはやくこの世界がなりますやうに、そのためならば、わたくしのからだなどは、何べん引き裂かれてもかまひません」
(宮沢賢治「烏の北斗七星」より)(マヂエル様:北斗七星を烏仲間がマヂエル様と呼んでいる)

この童話は、ここだけでなく、今の時代にいろいろなことを教えてくれていると思います。
ぜひ、一読あれ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック