2014年09月27日

ヒガンバナ:日比谷公園

今回は日比谷公園のヒガンバナです。

日比谷公園にはあちこちに数本ずつ咲いているところや、まとまって咲いているところがあります。
その中でも一番見応えがあるのが、祝田門近くの斜面です。
松の木の間に群生するヒガンバナです。
日比谷公園のヒガンバナ

近くにある松の木とヒガンバナです。いつもここに来るとこの組み合わせばかり撮影しています。
松の木とヒガンバナ 松の木とヒガンバナ2

アオサギとヒガンバナそして心字池のヒガンバナです。数が多くなく、池の対岸にあるので見応えはありません。
でも、アオサギがいることもあるので要チェックポイントなんですよ。
都会の公園のそれほど広くない池に大きなサギがいるんですからとても貴重です。


日比谷公園内をもうちょっと歩けばまだ咲いているのですが、ここに来る時は皇居東御苑に行った後に来るので、皇居に近い祝田門から入って心字池を通って有楽町に抜けるので園内はあまり歩いていないんです。
たまには逆を行けばいいってもんですよね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 秋の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック