2014年10月05日

絵本「おしりをしりたい」

体育の日も近いということで今回はからだについての絵本・児童書(童話・児童小説)を紹介します。


「おしりをしりたい」
鈴木 のりたけ 作
小学館

何だこの表紙に、このタイトル?なんて思わないで下さい。
子供たちが大好きなおしりについて面白くてためになる絵本なんですから。

タイトルの通り、おしりについての絵本です。
おしりの役割だけではなく、人間がサルから進化して二足歩行し始めた時からお尻がプリッとしているという真面目な話もあります。
でも、それだけでは子供を満足させられません。
子供の好きな「おしり」が付く言葉がダジャレ混じりに紹介されているので面白おかしく学ぶことが出来ますよ。
ひょっとしたらお父さん・お母さんも知らない言葉があるかもしれませんよ?

親子でおしりについて学んでくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック