2014年08月03日

「トリック立体キットBOOK 自分で作れる!錯覚アート」

子供たちは夏休みまっただ中ですね。
何して過ごしてますか?
夏休みの宿題は進んでますか?
工作や自由研究などもあるのではないですか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)の紹介は、そんなお子さんにおすすめの、絵本というよりも工作ブックです。


「トリック立体キットBOOK 自分で作れる!錯覚アート」
杉原 厚吉 著
永岡書店

のぼりに見える坂道をビー玉がのぼる?
傾斜のある屋根の真ん中にビー玉がとどまる?
まるで手品のような錯覚がおきる、ふしぎな立体を簡単に作れる工作キットです。
キットは全部で4種類。
のりを使わず簡単にきれいに組み立てることができるのでお子さんに最適。
お子さん一人で作らせてもよし、親子でワイワイ組み立てるのもよし。
さぁ、うまく組み立ててふしぎな錯覚が見られるでしょうか?

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック