2014年07月30日

2014年8月のお月見情報

今年の梅雨は雨が多くて天気が悪い日が続きましたね。日本全国で梅雨も開け、比較的安定した夏の空がおとずれるかもしれません。8月中は、夜空を見上げて天体観測を楽しめる日が多いことでしょう。

さて8月は流星群が見やすい時期です。暑さを忘れてしばし夜空を眺めてみてはいかがですか?

それでは、2014年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8/3(日) 日没後の西の空で月と火星が大接近
     19時03分:月が火星の北02゚13.5'を通る

8/4(月) 09時50分:上弦
     宵の西の空で月と土星が大接近
     19時31分:月が土星の南00゚04.3'を通る

中旬  夜明け前の東の空で金星と木星、プレセペ星団が接近

8/11(月) 03時09分:○満月(スーパームーン)

8/13(水) ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日〜8月20日)
      未明から明け方に北東の空高くに放射点が来る

8/17(日) 21時26分:下弦

8/18(月) はくちょう座κ流星群が極大のころ(出現期間8月8日〜8月25日)
      未明から明け方に西の空に放射点が来る

下旬  火星と土星が接近

8/25(月) 23時13分:●新月

8/26(火) 宵の南西の空で火星と土星が最接近

8/31(日) 宵の南西の空で月と土星が接近

8月の夜空に見える惑星は火星と土星だけと少し寂しいのですが、かなりの接近になるので十分に楽しめると思います。さらに流星群がピークになるなど、下旬まで楽しませてくれます。
夏の暑さをわすれて夜空を見上げ、惑星を天体観測するのもよし、寝転んで流星群を眺めるもよしと、のんびり楽しんで下さい。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

posted by ブドリ at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック