2014年06月24日

絵本「川はどこからながれてくるの」

今年の梅雨は、よく雨が降りますね。
降った雨はどこに行くのでしょう。誰もがそう思ったことがあるのではないですか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、雨が流れていく先の川のお話です。


「川はどこからながれてくるの」
トマス・ロッカー 作
みのうら まりこ 訳
偕成社

ジョシュとアーロンの兄弟
丘の上から海に流れる川を見ながら語り合いました。
「この川は、いったい、どこからながれてくるんだろうね。」
ここにずっと前から住んでいるおじいさんにせがんで
川がどこからながれてくるか調べるためにキャンプに出かけることにしました。
下流のゆったりとした流れ
山のふもとの道がなくなった辺りで川幅が狭くなり早くなる流れ
そしてキャンプ
ゆっくりと川の始まりを目指します。
さて、この川の始まりは?

子どもたちは一度は考えるだろう川の始め。
すべての川が同じではありませんが、考えてみることの大切さを感じられます。
色彩豊かで風景画としても楽しめそうな絵なので観賞用としてもすぐれもの。

お子さんと川の変化を感じ、川のはじめはどうなっているのか一緒に考えながら読み進めて欲しいです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック