2014年02月23日

絵本「たまごにいちゃん」

大きくなってきて、お兄ちゃんと言うと、ちょっと嫌がる子どもっていますよね。
でも、いつまでもそのままではいられないことを知っているんですよね。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、大きくなりたいけど子どものままでいたい、そんな気持ちを上手く描いた絵本です。


「たまごにいちゃん」
あきやま ただし 作・絵
すずき出版

たまごにいちゃんは、本当はもうたまごから出ていないといけないんですが、まだたまごのからをつけたまま。
たまごにいちゃんは、ずーっとたまごでいたいと思っていました。
「はやく おおきくなるといいわね。」というおかあさん。
「いいえ。ぼくはこれでいいんですよ、おかあさん。」
なぜかというと・・・いつでもおかあさんに温めてもらえるからなのです。

ところがある日、ぶたの鼻の穴に入ってしまったたまごにいちゃんは、ぶたがくしゃみをした拍子に飛ばされて・・・「くしゃ」と、たまごのからにひびが!
その夜、「ほんとうの おにいちゃんになっちゃう」と眠れませんでした。
朝になると、思ったとおりからはばらばら。
「うーん、こうなってはあきらめるしかない」
たまごから出たたまごにいちゃんに、おかあさんやおとうとは・・・?
水たまりに写った自分の姿を見てたまごにいちゃんは・・・?

弟や妹が出来たおにいちゃん、一つ進級するおにいちゃん、ほんのちょっとのようで大きな成長するおにいちゃんとじっくり読んでみてください。
顔には出さなくても内心では大きくなりたくないって思ってたりしているかもしれませんよ。
そんな心をきっとときほぐしてくれるのではないでしょうか。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック