2014年02月09日

絵本「ゆき」

東京では45年ぶりとなる積雪25cm以上の雪が降りました。
夕方過ぎには本当にびっくりするぐらいの積雪でした。
皆さんは雪が降っているのを見てどう感じましたか?
子どもたちは雪がふることにドキドキして、
普通の大人は雪がふるのを歓迎してなかったのでは?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、そんな様子を描いた雪の絵本をお届けします。


「ゆき」
ユリ・シュルビッツ 作・絵
さくま ゆみこ 訳
あすなろ書房

『よあけ』の作者シュルヴィッツの描いた雪。

今にも雪が降りそうな街の風景
雪がふるのを期待している少年に対して
雪がふることに冷めた大人たち
雪が積もりゆく街
そして雪化粧した街へ

雪が降り出しそうな時から、雪が降り始め、そして雪が積もりゆく様子を短い言葉(ではあるけど気持ちがわかる言葉)で描いた絵本で、大きな展開はない分、絵を眺めて雪が降る時の気持ちを感じる絵本というべきでしょうね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 や・ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック