2014年01月19日

絵本「宮沢賢治 雪の童話集」

本格的に雪のシーズンですね。
東京では降りそうで降らなかったりしていますが、北国では大雪で大変なところが出始めていますね。
被害が出ないことを祈るばかりです。
私の好きな宮沢賢治の童話にも雪にちなんだ童話があります。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、その雪を題材にした童話から3つのお話を収録した絵本を紹介します。


「宮沢賢治 雪の童話集」
宮沢賢治 作
佐藤昌美 絵
童心社

宮沢賢治の雪の童話は自然の厳しさの中に生きる人間や生き物の生を描いた作品が多いのが特徴です。
雪は決してきれいなだけではなく、時に厳しく、時にやさしく、人間に対峙します。
たくさんある作品の中から3作品が選ばれ、洋画家・佐藤昌美さんの絵が添えられています。

宮沢賢治の童話は絵本でも文庫本でもたくさん販売されています。
どれを読もうか悩まれたら、この絵本のように何か一つをテーマにした絵本などを手にするのもいいかもしれません。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック