2013年12月18日

浅草寺・羽子板市と満月

毎年12/17〜19は浅草は浅草寺の羽子板市。
いろいろあった今年もこの季節がやってきました。

羽子板市浅草寺の羽子板市は、元々は、12月18日は「納めの観音ご縁日」として参拝者も多く、この日を中心として江戸時代には正月用品や縁起物を売る「歳の市」が立つようになったのが始まりです。江戸後期、女子の誕生した家へ正月に羽子板を贈る習慣があったことから羽子板屋が境内に立つようになり、次第に縁起物としての「羽子板」を扱う店が増え、今では「羽子板市」として定着しています。
例年約40万人が訪れ、江戸を代表する一年の締めの風物詩です。

初日の17日は今年最後の満月。
それならば、いつ行くか、今日でしょ!と17日に行って、お月見と羽子板市を楽しんできました。

まずは先月、6台目の提灯に新調された雷門です。
正面と後ろをカーソルを乗せてご覧ください。


お正月の飾りも華やかな仲見世通りを通って宝蔵門へ。
まだ18時前だからかちょっと人が少ないような。カーソルを乗せてご覧ください。


本堂にお参りをして、いざ、境内の中で催されている羽子板市へ!
五重塔と羽子板市です。
五重塔と羽子板市

軒を連ねる羽子板市の屋台と東京スカイツリーです。
この時空は曇り。スッキリ晴れていれば、通路を挟んで東京スカイツリーの反対側あたりに満月が見えたんですけどね。それにしてもちょっと人が少ないような・・・
羽子板市と東京スカイツリー

ちょっと東京スカイツリーが見難いのでもうちょっとはっきりとお見せしなくっちゃ!
この日はシャンパンツリーライティングでした。
カーソルを乗せてご覧ください。


18時を過ぎた頃、雲間から満月が顔を出してくれました。
本堂、五重塔と東京スカイツリーが収まるところに移動して雲を照らし、お参りする人たちを見守る満月を撮影しました。
浅草寺と満月

さらに、本堂と満月、羽子板市の屋台の間の満月をカーソルを乗せてご覧ください。


今回の最後に雲を彩る今年最後の満月です。
満月

次回も羽子板市をお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック