2013年12月08日

絵本「おでんさむらい こぶまきのまき」

今回の絵本・児童書はちょっと変わったさむらいの絵本。

寒い冬の日には熱々のおでんを食べたくなりませんか?
でも、今回登場するおでんは、食べるおでんではなくて、へんてこざむらいひらた・おでんの活躍のお話です。



「おでんさむらい こぶまきのまき」
内田 麟太郎 作
西村 繁男 絵
くもん出版

へんてこざむらいの「ひらた・おでん」
おともはカブトムシのかぶへい
雪が降りそうに寒い夜、
「たすけてー」と子供の悲鳴
悲鳴の主はよいどれざむらいに詰め寄られたかさおばけのぼうや。
さてさて、おでんさむらいは・・・
ところでこの絵本の「こぶまきのまき」のこぶまきって?ですよね。
それは読んでのお楽しみ。
隅々にまで凝った時代劇絵本ですよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック