2013年11月27日

黄葉2013・国営昭和記念公園 その4

国営昭和記念公園の黄葉シリーズの4回目です。

イチョウ並木の銀杏は黄色く色づいて見応え充分ですが、その葉は足元に散り敷いて黄色く染めていました。
散り敷いたイチョウの葉

葉が散る一方、木には黄色い葉に寄り添うようにたくさんの実がついていました。
やはりいちょうの実ですよね。
カーソルを乗せてご覧ください。


木の影でそっと旅立ちを待っているイチョウの実をカーソルを乗せてご覧ください。


木漏れ日を浴びて金色に輝くいちょうの実をカーソルを乗せてご覧ください。


青空に輝くイチョウの実です。
青空に輝くイチョウの実

イチョウの黄葉はきれいですよね。
それにも負けずに、イチョウの実もきれいです。
葉っぱだけではなく、実にも目を向けてみてください。
目を向けるついでに宮沢賢治の「いちょうの実」も読んでみてくださいね。
そのあとからいちょうの実が気になっちゃいますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック