2013年11月21日

黄葉2013 皇居前・行幸通り

今年もやって来ましたね、紅葉・黄葉の季節が!
撮りたいところはたくさんあるのですが、限られた期間に、天気とにらめっこして、他の用事をなるべく押しのけて撮りに行こうと思ってもなかなか難しい。
撮りに行っても今ひとつ、なんてこともありますから、ほんとに運ですね。
でも最近は都内の有名所であればツイッターなどのSNSを使えば状況の確認がしやすくなったので大助かりです。

そんな手段を使い、皇居前から東京駅へとつながる行幸通りのイチョウが見頃になったとわかったので、先週の土曜日(11/16)に写真撮影に行ってきました。

いつものように皇居前から東京駅に向かって銀杏並木を撮影しました。車が途切れた瞬間を狙ってます。
行幸通りのイチョウ並木

PENTAX Q+03-fisheyeでは行幸通りから東京駅に向かって撮影してみました。
カーソルを乗せてご覧ください。


ここから撮るとするとやはりイチョウの黄葉と東京駅を撮りたいと思いませんか?
毎年そう思って撮っているので今年は違う風に撮ればとも思うのですが、やはりココらしさが伝わるのは東京駅の駅舎が入っていなくちゃいけませんよね。
というわけで今年もほとんどいつもと同じような写真になってしまいましたがお届けします。

紅葉したイチョウと東京駅です。クリックすると一回り大きな写真が見られます。
黄葉したイチョウと東京駅1 黄葉したイチョウと東京駅2

黄葉を見て回る丸の内界隈をめぐる屋根がオープンの2階建てバス、東京駅周辺のビルと黄葉したイチョウです。クリックすると一回り大きな写真が見られます。
黄葉したイチョウと東京駅3 黄葉したイチョウと東京駅4

イチョウといえばイチョウの実ですよね。
いちょうの実といえば宮沢賢治の童話です。
終りの部分の一節です。
『突然光の束が黄金の矢のように一度に飛んで来ました。子供らはまるで飛びあがる位輝やきました。
 北から氷のように冷たい透きとおった風がゴーッと吹いて来ました。
「さよなら、おっかさん。」「さよなら、おっかさん。」子供らはみんな一度に雨のように枝から飛び下りました。』

日に照らされ、風に吹かれてキラキラと光っているイチョウの実を見ると、いつも思い出します。
みんなげんきでね。そう思って見つめています。
いちょうの実

「色づいて 散っては深まる 秋の色」

翌日の17日は国営昭和記念公園に秋を探しに行ってきました。
その模様はまた次回。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .四季の景色 紅葉・黄葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック