2013年10月31日

2013年11月のお月見情報

すっかり涼しいを通り越して、肌寒くなリました。気がつけばもう11月ですから当たり前なんですよね。

さて、今月の注目はなんといってもアイソン彗星です。
11/29に太陽に最も接近するのに伴い、11月中には肉眼で見られる明るさになると予測されています。明け方の空から目が離せません。
望遠鏡で見て楽しむのもいいでしょうね。
でもやっぱり、アイソン彗星は肉眼で見たい・撮りたい、ですね〜

2013年11月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

11月 アイソン彗星が肉眼等級に
上旬 おうし座流星群が活動中

11/1(金) 16時59分:金星が東方最大離角

11/3(日) 21時50分:○新月

11/5(火) おうし座南流星群が極大のころ(出現期間10月15日〜11月30日)

11/10(日) 14時57分:上弦

11/12(火) おうし座北流星群が極大のころ(出現期間10月15日〜11月30日)

11/18(月) 00時16分:○満月
       01時:しし座流星群が極大(出現期間11月5日〜11月25日)
       10時30分:C/2012 S1アイソン彗星がスピカに接近(00゚18')
       11時22分:水星が西方最大離角

下旬 水星と土星が明け方の東の空低いところで大接近

11/24(日) 明け方の東天で水星、土星、C/2012 S1アイソン彗星、2P/エンケ彗星が接近

11/25(月) 06時00分:C/2012 S1アイソン彗星と2P/エンケ彗星が接近(01゚15')

11/26(火) 04時28分:下弦
       10時28分:土星と水星が最接近(00゚18.7')
       12時39分:水星が土星の北00゚20.0'を通る

11/28(木) 夜明け前の東の空で月と火星が並ぶ

11/29(金) 03時36分:C/2012 S1アイソン彗星が近日点を通過

アイソン彗星が明け方の空で大注目と紹介しましたが、11月は彗星や土星、火星などが明け方の空に大集合。さらにエンケ彗星も観測でき、明け方の空から目が離せません。
たまには寒くそして真っ暗な明け方早くに起きて夜明け前の東の空を眺めてみませんか?
天体望遠鏡で見るのもよし、望遠レンズで覗くのもよし、ぼーっと眺めるのもよし。
そして宇宙を身近に感じてください。

posted by ブドリ at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック