2013年09月06日

羽化しちゃった!

130906_1107~01.jpgサナギの状態だったキアゲハちゃん。
今朝見たときはもうちょいかなぁと思って油断していたら、さっき見たら無事に蝶になってた!
カメラをセットするのを忘れて貴重な羽化の瞬間は撮り逃したちゃったけど、羽化したばかりの蝶がいてくれてよかった!


ピンクの朝顔が咲く影で無事に羽化したキアゲハ。キアゲハのすぐ下に抜け出た殻があります。
燐粉の乱れもなくきれいです。無事に飛び立って行ってね〜、と買い物に出かけ戻ってきた時、私が帰ってくるのを待っていたかのように飛び立って行きました。
お別れの挨拶をしようと待っていてくれたのかもしれません。
途中で姿を消したキアゲハの幼虫さん達、そして無事に羽化して飛び立っていってくれたキアゲハさん、この2週間、楽しませてくれてありがとう!
抜け出たキアゲハ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 11:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに素早く羽化してしまうのですね〜。でも、朝顔と生まれたてのキアゲハ、素敵な記念写真ですね。パセリは本当にキアゲハを呼ぶのですね。パセリを食べたい人には迷惑だろうけれど、私もお陰様で今年はキアゲハに楽しませてもらいました。その上、今は誰もいなくなって、ちゃんとパセリが育っています!
キアゲハが最後まで食べつくさなかったのは、来年のための配慮かとも思えました。
Posted by felizmundo at 2013年09月07日 00:28
良かった、良かった!!

今頃生まれるということは、この姿で越冬するのでしょうか?
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年09月08日 17:26
felizmundoさん

サナギから抜け出すまであっという間の出来事なんですね。
もう少しゆっくりかと思いましたけど、そうすると他の生き物に狙われますから当然でしょうね。
知らずにパセリを育てていたら、突然現れた幼虫にビックリして調べたらキアゲハとわかってから、キアゲハの成長を見るのが楽しみでしたから、今回は脱皮の瞬間は見られなかったものの満足ですよ。
確かに、すべて食べきってしまわないのは子孫への配慮かもしれませんね。その子孫のためにまた、パセリを元気よく茂らせてキアゲハを待ってます。


森のどんぐり屋さん

このアゲハは蛹体で越冬するようなので、これから産み付けられる卵が越冬準備をするものと思われます。
蛹は暑さにも寒さにも耐えられる万能態ですね。
Posted by ブドリ at 2013年09月08日 22:04
では、これから先は短い命なんですね。鳥に食べられたりせずに、ぎりぎりまで元気でいて欲しいです!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2013年09月10日 08:27
森のどんぐり屋さん

蝶は蝶になってからはそれほど長い寿命ではないそうです。
蝶の寿命は、
卵から幼虫⇒蛹⇒チョウになるまではおよそ1ヶ月半程度、蝶になって1、2週間程度と短いそうです。
セミよりもずっと短命です。
Posted by ブドリ at 2013年09月10日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック