2013年09月01日

絵本「わたしのいちばん あのこの1ばん」

子供達の夏休みも終わりですね。夏休みの宿題は終わったのかな?
この夏は異常に暑かったから外で遊ぶのも大変でしたよね。
夏休みが終わって2学期が始まると、いろいろ経験して子供の姿が大きくなって見えるなんてこともありますよね。
オレが一番なんだ、私が一番なんて思うことが出てきたりしてるかも。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、そんな時にお子さんとじっくりと考えてみてもらいたいお話です。

わたしのいちばん あのこの1ばん (ポプラせかいの絵本)

薫くみこ ポプラ社 2012-09-11
売り上げランキング : 6992
by ヨメレバ

「わたしのいちばん あのこの1ばん」
アリソン・ウォルチ 作
パトリス・バートン 絵
薫 くみこ 訳
ポプラ社

バイオレットはなんでもだれより1ばん。
はしるのもおしゃべりも…。
それってすごいなっておもうけど、わたしはなんだかもやもやしてるの。
わたしは1ばんにはなれないけど、それってすごくないってことなのかな。
1ばんがいちばんいいのかな。
そうロージーは思いました。
ロージーにはみんなの話を聞くのがいちばん好きだし
でも、そんな気持ちをバイオレットに一笑されてしまうのです。

そんな時、授業で豆の種を育てることになり、ロージーは夢中になります。
やっと出てきた芽。
嬉しくてみんなに伝えようとすると、
「やったあ、わたしの芽が1番早く出た!」
というバイオレットの声。

そんな時、ロージーに魔が差して・・・

「1番」を大切にするバイオレット。
「いちばん」を大切にするロージー。
どっちがいい、悪いではないですよね。
お子さんにとってはこれから成長する中できっとぶつかる問題。
頑張って「1番」になることも大事。
自分の中の「いちばん」を大切にすることも大事。
どっちも認めてあげて、見守ってあげることが大事ですよね。
先生も、親も、周りの人々も、みんなでそれぞれの「1番」や「いちばん」を認めてあげましょうね。

頑張れ、子どもたち。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 や・ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック