2013年07月17日

浅草寺ほおずき市

もう1週間も前の話題です。
入谷の朝顔市が7/6・7・8と行われた後、7/9・10と浅草寺のほおずき市でした。
今年は初日の9日に出かけて来ました。

ほおずき市の浅草寺ほおずき市の日は 「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたり、この日にお参りすると「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」との言い伝えがあります。


浅草寺なぜ四万六千日かというと、四六時(一日)の千日分が四万六千だという説や、お米の一升は四万六千粒にあたり、一升と一生を掛けてこの日にお参りすると一生無病息災になれるのだという説などいろいろあります。


ほおずきと風鈴ほおずき市の屋台には色づいたほおずきの鉢と風鈴がセットになって吊るされています。
ほおずきを買うと風鈴も貰えます。
風鈴は好きなのを選べるところがほとんどです。


枝ほおずき枝に鈴なりになったほおずきも売られています。
ほおずきの面倒をするのが大変な人はこちらの色づいたほおづきがおすすめ。


風鈴屋台によっては風鈴が鈴なりにぶら下げられています。
風が吹くと心地良い音色が響きます。


入谷の朝顔市、浅草寺のほおずき市が過ぎると江戸の町は本格的な夏。
今年は市の前に梅雨明けして本格的な夏がスタートしていましたが、名実ともに夏ですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック