2013年06月21日

水面の光環とハナショウブ・明治神宮御苑

明治神宮御苑の花菖蒲の3回めです。

55DSCG8954.JPG水の中のハナショウブを覗いていたら・・・ということでしたね。
こんなふうに覗いていたんです。
そうしたら、この写真の左側の空と木々の影が交わる付近に見えたんですよ。


何が見えたかって?この写真で虹色に染まっているのがわかりますか?
水面に映る虹色の元は、空の太陽の周りの光環です。カーソルを乗せてご覧ください。


なんとかハナショウブと光環の虹色を撮りたいと探すのですが、なかなか丁度いい所が見つからないんですよね。
光環が綺麗に見えているけど、水面に映ったところに調度よくハナショウブはないんですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


それでも、一緒に撮れるところを探してジリッジリッと移動して、水面に映るハナショウブの近くに見えるようになって来ました。
光環とハナショウブ

そしてついに、太陽とハナショウブが重なり、ハナショウブを光環が彩っている場所を見つけました!
ピントをハナショウブに合わせたものと光環に合わせたものをカーソルを乗せてご覧ください。


さらにきれいに見えた瞬間のハナショウブと光環です。
カーソルを乗せてご覧ください。


どうです、どうです?水面を覗いていてこういうのが見られたら病み付きになると思いませんか?
太陽の雲が広がっていても、太陽の光が降り注いでいるようなときは光環など太陽の周りに虹色が見える可能性が高くて、太陽の周りを見て光環を探すのも楽しいんです。でも、目の健康のためにはあまりおすすめできないのですが、水面に映る光環は光が和らいでいるので長時間見つめていなければ気にする程ではなさそうだし、空の虹色よりも虹色が綺麗に見えることが多いので水面がおすすめです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 明治神宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック