2013年06月18日

ハナショウブ・明治神宮御苑 序章

明治神宮は山手線の原宿駅のすぐそばにあるというのに、神宮の杜に包まれた静かで厳かな空間です。
今年になってから、月に一度は足を運んでいます。
その中にある御苑の菖蒲田では今、ハナショウブが見頃を迎えています。
その明治神宮御苑のハナショウブを撮影してきました。
久しぶりの花・植物写真です。

このように杜に囲まれた中に菖蒲田があって、とても静かにハナショウブを見ることができます。
環境はいいのにマナーを守らない人が多く鬱陶しいことはありますけどね。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


この菖蒲田を抜けていくとパワースポットとして有名な「清正井(きよまさのいど)」があります。
一時は整理券を配って入場制限していましたが、現在は落ち着いたものの、ハナショウブよりも「清正井(きよまさのいど)」を見ようよという人が多くいます。
静かだった頃に比べて井戸の周りは空気が荒れているような気がするのは私だけでしょうか。
「清正井(きよまさのいど)」

菖蒲田には四阿(あずまや)もあって、ハナショウブと写真を撮りたがる人がたくさんいます。
私もその一人。
ただ、三脚を設置して長々と場所取りをする高齢者には辟易です。
ハナショウブと四阿をカーソルを乗せてご覧ください。


というわけで今回は御苑菖蒲田に咲くハナショウブの序章です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック