2013年06月13日

6月後半の国際宇宙ステーション(ISS)情報

前回の記事で6月前半のにたっぷりと姿を見せてくれた国際宇宙ステーションの写真をお見せしました。
6月の後半もたっぷりと姿を見せてくれます。
というわけでISS(国際宇宙ステーション)情報をお届けします。

夜明けが早くなって、明け方に見えるのは4時前なので、見やすい日没後の時間帯のみお届けします。

高度が低くても場所によっては見られるかもしれませんのでその他の日時や詳細は「ToriSat - 国際宇宙ステーションを見よう」などをご覧ください。

6月後半の東京で見やすい条件の国際宇宙ステーション(ISS)情報です。

見え始めの時間と方位、最大仰角時の時間と方位・角度、予想される明るさ(等星)をお伝えします。

直前に変わることもありますのでご了承ください。

6/19(水) 21:19 北北西(327°)  21:22 北東(37°) 36° -2.0 最大高度付近で見えなくなる

6/21(金) 21:17 北西(307°)  21:20 西北西(288°) 50°  -0.8 最大高度付近で見えなくなる

6/22(土) 20:28 北西(319°) 20:31 北東(42°) 58° -3.0

6/23(日) 19:39 北北西(329°) 19:42 北東(35°) 31° -2.0

6/24(月) 20:26 西北西(297°) 20:29 南西(228°) 39° -2.5 おとめ座のスピカの近くを通過

6/25(火) 19:37 北西(310°) 19:40 南南西(203°) 83° -3.3 ほぼ真上を通過します

6/27(木) 19:36 西北西(286°) 19:39 南西(229°) 24° 0  金星と水星の間を通過して来るのですが低めなので見にくい

後半は前半以上に見えるチャンスが多いので、天気次第ではいろいろな星と天体観測できますので楽しめそうです。
梅雨時なので見られる可能性は高くありませんが、チャンスが多いのでてるてる坊主を吊るしてみんなで見上げましょう。
望遠鏡で追いかけるのは難しいですけど、デジカメならば三脚に固定すれば撮影出来ると思いますので写真撮影にもチャレンジしてみてください。

ちなみに7月は後半までお預けですが、見やすいのが日付が変わってからなので見るには不向き。
見やすいのは8月になってからになりますので、この機会に一度ぐらいは見てくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 ISS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック