2013年06月09日

絵本・児童書「ぞうくんのあめふりさんぽ」

とても早く梅雨入りしたと思ったら、梅雨入り後、ちっとも雨が降りません。
曇りはするけど雨が降らないのでちょっと拍子抜け。
でも、雨が降らなければ降らないでそれがまた心配ですね。
雨が降りませんが、梅雨時には雨の本の紹介と思っていたので紹介します。

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)

なかの ひろたか 福音館書店 2006-05-20
売り上げランキング : 6957
by ヨメレバ

「ぞうくんのあめふりさんぽ」
なかの ひろたか 作・絵
福音館書店

大人気「ぞうくんのさんぽ」シリーズの続編
今日は雨降り。
それでもぞうくんはごきげん。
かばくんをさんぽに誘うと「いけの中ならいいよ。」
2匹は池の中を歩き出します。
さて、ぞうくんはどうやって池の中をさんぽするのでしょう。
教えてしまうと、ぞうくんは泳げないので、かばくんの背中に乗ります。
そしてわにくん、かめくんと次々やってきて・・・。
もう想像がつきますよね。
それでもおかしいのがこのおはなし。
そして最後には・・・。
さて何が起きるでしょう。
それは読んでのお楽しみ。

雨が降って外に出られなくて退屈していても、雨が降らないで退屈していなくても
読んでおけば次に雨が降った時に楽しくなることまちがいなし。
ぜひ親子で読んでください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック