2013年06月08日

タイサンボク・新宿御苑

前回のドクダミの花を探しまわった新宿御苑では下ばかりを向いていたんではないですよ。しっかりと上を気にしながら花・植物写真も撮影していました。
その花がタイサンボクです。
ホオノキからバトンタッチされるような形で咲き始めるタイサンボク。今年は5月の後半から咲き始めていました。
今回はタイサンボクでお花見です。

泰山木タイサンボク(大盞木、泰山木、大山木)
モクレン科 北アメリカ原産のモクレンで、1873年に渡来しました。
中国山東省にある名山・泰山(たいさん)に例えたのが名前の由来。また、大きな樹形が大山のように見えるところから大山木と付けられたとも言われています。
新宿御苑のタイサンボクです。


花は「うけ咲き」で、大きな盞(さかずき)をかざしたように見えるところから「大盞木(タイサンボク)」と名付けられたと植物学者牧野富太郎博士は述べています。
この花の感じが盞(さかずき)に見えたのでしょうか。
タイサンボクの花

タイサンボクもホオノキと同じように少しずつ時期をずらして1ヶ月ほど花が次々と咲いていきます。そして雄花期・雌花期があります。
まだ先端が開いていない咲き始めの花を見つけたので、手で開いて中を覗かせてもらいました。
雌しべがまだフレッシュな状態です。カーソルを乗せてご覧ください。


雌花期から雄花期へと移行中のタイサンボクの花です。
雌花期のタイサンボク

雌しべがしおれて雄花期真っ最中のタイサンボクです。
雄花期のタイサンボク

そして雄花期のタイサンボクにやってきたミツバチ?(とりあえずミツバチということにします)
花粉団子をしっかりと抱いているが、タイサンボクの花粉かどうかは聞いてみないとわからない。
でも、雄しべに止まってもぞもぞしていたので何割かはタイサンボクのもの。もぞもぞしてると雄しべが脱落していきました。雄しべってそんなに簡単に落ちるんだと知った瞬間。
落ちる瞬間は撮れませんが、飛んでるミツバチとおしべに止まったミツバチをカーソルを乗せてご覧ください。
このミツバチ、他のタイサンボクの花に飛んでいくのか見守っていたら、全然別のところに飛んで行っちゃいました。タイサンボクの受粉の確率って低そう。


ヒメタイサンボク(姫泰山木)
タイサンボクの近縁種で小型の花を咲かせるタイサンボク。
タイサンボクが常緑性であるのに対してこちらは落葉性。
新宿御苑には1本だけあるようです。
花の大きさは開いた状態で手を開いたぐらい。すぼまっていると大人の握りこぶしぐらいでした。
いい状態の花は高いところに咲いていて花の中が見られませんでした。
カーソルを乗せてご覧ください。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | .新宿御苑 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
孫を連れていった公園で、タイサンボクらしき花を発見!でも、空に向かって咲いていて、下からでは様子がみえな〜い。残念でした!
Posted by felizmundo at 2013年06月10日 21:15
felizmundoさん

タイサンボクの花も比較的高いところについて、空にむかって咲くので花を覗きにくいですよね。
残念でしたね。
私の知る限り、新宿御苑「と皇居東御苑のタイサンボクは垂れた枝にも花がさくので比較的見やすいですよ。
Posted by ブドリ at 2013年06月11日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック