2013年05月16日

うずのしゅげ、ふたたび

4/24の記事「うずのしゅげを知っていますか」で、宮沢賢治の童話「おきなぐさ」の一節とともに紹介したおきな草の綿毛を覚えていますか?
連休中に訪れた小石川植物園でまた出会っちゃいました。

ここ数年はタイミングが悪くて出会えなかったのに、今年は花には出会えまかったけど渦の主下には2度目の出会いとはついてます。
今回は前回よりももっと白いひげを蓄えていましたよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


おきなぐさ綿毛になったものは足元の方にあって、背の高いのはシルバーグレーの初老のおきなぐさ。
右下には定年退職をしてまもなく髪の色が変わるおきなぐさです。


これが咲き終わって、シルバーグレーの髪の毛に変わろうとしているおきなぐさです。
この日に開くかと思って閉園時間まできにしていたのですが、開きませんでした。次の日には開いてたと思いますよ。
綿毛が広がる間近のおきなぐさ

このおきな草に日が当たるのを待ち、背景をちょっと暗めの場所を選んで撮影すると、一足早い花火みたいだと思いませんか?
花火のようなおきいなぐさ

このおきなぐさの綿毛を下からPENTAX Q+Fisheyeで見上げてみました。
太陽を仰いで手を広げているように思えませんか?
眩しい日差しに感謝!ってね。
太陽に乾杯

この状態になっていると見向きする人が少なくて、一人静かに楽しめるのでOK!
花じゃないし、見て楽しいという感じはしませんから仕方ないんですけど、宮沢賢治の童話を知っていると楽しめちゃうんですよね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小石川植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック